3月23日以来194日ぶり感染確認なし 秋の行楽シーズン、県「引き続き感染対策を」 新型コロナ・鹿児島3日発表

 2021/10/04 07:00
 鹿児島県と鹿児島市は3日、新型コロナウイルスの新たな感染者が確認されなかったと発表した。3月23日以来194日ぶりで、県内の累計感染者は9059人のまま。

 県内の感染者数は全国的に感染が急拡大した「第5波」の影響で、8月8日に104人と初めて100人を超えた。同19日は最多となる251人を記録し、同29日まで100人以上が続いた。9月14日以降減少が続き、20日からは1桁だった。

 県の感染拡大警戒基準の主要7項目は10月2日時点で、全項目でステージ3の指標を大きく下回っている。

 県新型コロナウイルス感染症対策室の久保純子参事は「県民1人1人の協力のおかげでゼロにすることができた」と話した。一方で秋の行楽シーズンで人の流れが増えることが予想されるとして「引き続き感染対策を意識した行動を徹底してほしい」と呼び掛けた。

 2日時点の療養者数は46人(前日比3人減)。内訳は入院40人(同3人減)、宿泊療養6人(同増減なし)で自宅待機はいない。入院患者のうち酸素投与が必要な中等症は6人。
広告