楽天4位・泰勝利投手(瀬戸内町出身、神村学園高) 野球部なかった中学時代、両親や姉と練習 「島で応援される選手になる」

 2021/10/12 12:20
楽天から指名を受け、両親と喜ぶ泰勝利投手(中央)=いちき串木野市の神村学園
楽天から指名を受け、両親と喜ぶ泰勝利投手(中央)=いちき串木野市の神村学園
 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議は11日、東京都内であった。鹿児島県関係では、泰(たい)勝利投手(17)=神村学園高=が楽天の4位で指名を受けた。

 泰投手はいちき串木野市の神村学園で会見を開いた。奄美大島の瀬戸内町出身。「島を挙げて応援してもらえる存在になりたい」「名前の通り、『勝利』に執念を持って臨みたい」と抱負を語った。

 学園の理事長室で両親とともに中継を見守った泰投手。「こんなに早く呼ばれるとは。うれしさよりも先に驚きでいっぱいだった」と振り返った。

 武器は最速150キロの速球とキレのあるスライダー。「目標で憧れの存在」という、同じ左腕の楽天・松井裕樹投手を引き合いに、「球種が似ていて、身長も近い。もっと精度を上げて追いつかないと」と意気込んだ。

 会見に同席した父勝仁さん(45)は「ホッとした。1日でも1年でも早く、1軍での活躍を見たい」。母美生さん(37)は「ここまで成長した姿を見せてくれるとは」と声を詰まらせた。泰投手は「小中学校まで野球を教えてくれた両親には感謝でいっぱい」と笑顔を見せた。

【プロフィル】泰勝利(たい・かつとし) 2003年11月11日、瀬戸内町生まれ。古仁屋小4年の時、瀬戸内ファイターズで軟式野球を始める。野球部のなかった阿木名中時代は両親や姉と練習に励んだ。神村学園高に進み、エースとして臨んだ昨秋の九州大会8強。今夏は準決勝の鹿児島実戦で自己最速の150キロを記録した。172センチ、83キロ。左投げ右打ち。