豊穣の秋 表現 各流いけばな展開幕 鹿児島市の山形屋

 2021/10/14 12:30
華やかな作品が並ぶ会場=鹿児島市の山形屋文化ホール
華やかな作品が並ぶ会場=鹿児島市の山形屋文化ホール
 秋の各流いけばな展(鹿児島県連合華道会、山形屋、南日本新聞社主催)は14日、鹿児島市の山形屋文化ホールで始まった。県内12流派が豊穣(ほうじょう)の秋を感じさせる約80点を展示している。18日まで。

 作品は、ツルウメモドキやキクなどを使い季節感を表現したものや、多彩な色の花材で新型コロナウイルスに負けない豊かさや癒やしを表したものなど力作がそろった。会場では、体温測定や手指消毒などコロナ対策にも配慮。多くの人が訪れ、秋を感じつつ見入っていた。

 展示は午前10時〜午後6時(16、18日は同5時)。入場無料。
広告