県が時短命令違反の1店に過料通知 新型コロナ・鹿児島

 2021/10/16 07:30
 鹿児島県は15日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」適用中、営業時間の短縮命令に応じなかった鹿児島市の飲食店1店について、特別措置法に基づき20万円以下の過料を科すよう、経営者の住民票がある県外の地方裁判所に通知した。

 県内では重点措置期間(8月20日~9月30日)に、鹿児島市の13店が時短命令に応じなかった。県は10月7日、特措法に基づき11店舗の管理者に過料を科すよう鹿児島地裁などに通知済み。残り1店も準備が整い次第、通知書を送る。
広告