出水鳥インフル 3キロ圏清浄検査は全農場「陰性」 3〜10キロの搬出制限解除

 2021/12/02 12:00
南日本新聞ニュース
 鹿児島県は2日、出水市の2養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザについて、半径3キロ圏の移動制限区域内で鶏のウイルスの有無を調べる「清浄性確認検査」は全25農場で陰性だったと発表した。3〜10キロに設定された卵・鶏肉の搬出制限区域は同日午前11時で解除された。

 今後新たな発生がなければ、8日午前0時で移動制限区域も解かれる見通し。
広告