国道を横断中にはねられる 女性シャンソン歌手が死亡 鹿児島市

 2021/12/02 20:05
加藤和子さん
加藤和子さん
 1日午後10時50分ごろ、鹿児島市城山町の国道10号で、歩いて横断していた近くの歌手加藤和子さん(72)が、同市吉野町の男性会社員(45)の軽乗用車にはねられ、搬送先の病院で間もなく死亡した。死因は頭部外傷。

 鹿児島中央署によると、現場は片側1車線の見通しのいい直線。付近に横断歩道や信号はない。男性が「人とぶつかり、意識がない」と110番した。

 加藤さんは、シャンソン歌手として活躍。鹿児島市のシャンソンライブの老舗「ソワレ・ド・パリ」の経営を1993年から引き継ぎ、2020年まで店を守り続けた。