第70回県下一周駅伝 来年2月18日号砲

 2022/05/21 13:00
第69回大会で、薩摩路へ向け一斉にスタートする12地区の選手たち=2月19日、鹿児島市のみなと大通り公園
第69回大会で、薩摩路へ向け一斉にスタートする12地区の選手たち=2月19日、鹿児島市のみなと大通り公園
 第70回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会(鹿児島県、鹿児島市、鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会、鹿児島陸上競技協会、南日本新聞社主催)の本部運営委員会が20日、鹿児島市の南日本新聞会館であり、競技日程を2023年2月18~22日の5日間とする案を決めた。

 新型コロナウイルスの影響を判断した上で、2月17日に開会式、22日に閉会式をする予定。12チームが18日午前9時に鹿児島市をスタート。昨年と同じ53区間、583.7キロで健脚を競う。

 鹿児島県警や鹿児島陸協審判部から出された、69回大会の問題点や反省点などの報告もあった。出場チームの関係者が出席する合同運営委は、6月と11月に開催する予定。