3回、打者一巡の猛攻で一挙8点 森AW2連勝 ソフトボール日本女子リーグ

 2022/05/23 10:20
3回、3点本塁打を放つ森AWの上村=千葉県市原市ゼットエーボールパーク
3回、3点本塁打を放つ森AWの上村=千葉県市原市ゼットエーボールパーク
 ソフトボールの日本女子リーグ第2節最終日は22日、千葉県のゼットエーボールパークであった。鹿屋市の「MORI ALL WAVE KANOYA」(森AW)は12-1でYKK(富山)を破り、2連勝した。通算成績は4勝1敗。

 第3節は9月3、4の両日、鹿屋市である。

◆9月の地元戦へはずみ

 先発全員安打の18安打を放った森AWが圧勝した。0-1で迎えた3回に打線が爆発。打者一巡の猛攻で一挙8点を奪い、試合を決めた。

 左前適時打を放った3番福元は「前の試合で好機をつぶしてしまったので、何がなんでも打ちたかった」。3回の本塁打を放ち、この日4安打と気を吐いた1番上村は「つなぐ打線を見せられてよかった」と喜んだ。

 9月の第3節は地元鹿屋市での開催だ。池田一未監督は「リーグ以外の試合も多いが、チーム全体で闘争心を高めながら夏を乗り越える」と力を込めた。