青森産リンゴのアップルパイ、岩手の南部鉄器…東北6県の食と工芸品ズラリ 鹿児島市・山形屋で21日まで

 2022/06/15 14:08
「東北6県 味と技展」で品定めする買い物客ら=鹿児島市の山形屋
「東北6県 味と技展」で品定めする買い物客ら=鹿児島市の山形屋
 東北の文化が楽しめる「東北6県 味と技展」が15日、鹿児島市の山形屋で始まった。初出店13社を含む66社が東北各県の食べ物や伝統工芸品1000品を販売する。21日まで。

 青森産リンゴを使ったアップルパイや岩手の南部鉄器職人が作った鉄瓶、急須などが並ぶ。秋田の伝統工芸品「川連漆器」を販売する伝統工芸士の佐藤忠平さん(61)は「丈夫で長持ちするのが特徴。木を削り、漆を塗るなどさまざまな工程を経て完成した漆器を楽しんで」とPRした。

 数量限定で販売する各県日替わりのお楽しみ袋は開店後30分で売り切れた。鹿児島市の大学生吉富陽紀さん(19)は「ずんだ餅を買いに来たら列ができていて驚いた。さくらんぼもおいしそうだった」と話した。