週刊誌の中づり…と見せかけて市議会のチラシ? 市民と「語ろかい」参加者募集中でした 霧島

 2022/06/25 21:30
中づり広告風の霧島市議会「議員と語ろかい」チラシ
中づり広告風の霧島市議会「議員と語ろかい」チラシ
 前代未聞の「衝撃計画」、熱論4DAYS、市民と未来を語れるか-。週刊誌の中づり広告を思わせるレイアウトだが、実は鹿児島県の霧島市議会が作った市民との意見交換会「議員と語ろかい」の参加者募集チラシ。

 7月の開催に向け、市議会が新規層開拓を狙い製作した。「議会や政治から遠い人たちの声こそ、聴きに行く姿勢が大切」と、広報広聴常任委員長の山口仁美議員がデザイン。北海道鷹栖(たかす)町議会の定例会告知チラシを参考に、同町議会の担当者にも助言を求めて作った。

 意見交換会の内容も刷新。今回初めて「議会みらいトーク」と題し、常任委員会ごとのテーマを設け、個人で申し込める日をつくった。チラシは広報広聴委員会メンバーがSNSなどオンラインで拡散中。印刷したチラシは議会事務局でもらうことができる。