鹿児島レブナイズ B2昇格へ走り勝つチームづくり目指す オンライン報告会で決意新た バスケB3

 2022/06/26 14:33
オンライン報告会で、今季の成績について説明する上原泰寛社長(右)
オンライン報告会で、今季の成績について説明する上原泰寛社長(右)
 バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の鹿児島レブナイズは25日、2021-22シーズン終了報告と、今後の経営方針発表会をオンラインで開いた。来季のB2昇格に向け、40分間走り勝つチームづくりに取り組むことなどを説明した。

 チームは34勝13敗で過去最高となる15チーム中4位だった。主将を務めた川上は「昇格は逃したが、鹿児島の認知度が高まったシーズンになった」と総括。来季もレブナイズでプレーする永山は「鹿児島を愛する一人として盛り上げたい」と意気込みを語った。

 来季の経営方針では、売り上げ3億円と観客動員数2000人を目指すことを報告。鹿児島をPRするサイトの開設など、他業種と連携して新たな事業に取り組む方針を示した。上原泰寛社長は「来季こそ確実に昇格できるように動いていく」と決意を述べた。