「奄美の海大好き」 タレントIMALUさん、東京と2拠点生活 「118番」啓発イベントで大島高生とコラボ

 2022/11/08 12:11
118番通報を啓発する作品の前で記念写真に収まるIMALUさん(中央)=奄美市名瀬の大島高校
118番通報を啓発する作品の前で記念写真に収まるIMALUさん(中央)=奄美市名瀬の大島高校
 タレントのIMALUさん(33)が7日、鹿児島県奄美市名瀬の大島高校であった環境問題や118番に関する啓発イベント(奄美海上保安部主催)に登場した。今年8月から東京と奄美大島を行き来する2拠点生活を始めたことを紹介し、「ありのままの風景が残る奄美に魅力を感じた」と語った。

 IMALUさんは海の近くで暮らすのが夢で、移住先を探していた。イベントでは「2020年秋に島を訪れ、(同市笠利の)用安海岸を見て、直感的にここだと思った」と説明。新型コロナ禍でリモートワークが一般的になったこともあり、一念発起したという。

 月の約半分をパートナーと島内で暮らしている。「奄美はきれいな海を独り占めできるところが大好き」。環境問題にも関心があり、「地元の人に話を聞き、協力できることを考えたい」と語った。

 同校書道部は118番をPRする標語を大きな紙に揮毫(きごう)するパフォーマンスを披露し、IMALUさんも「118」と添えた。この作品は、海保が来年1月18日の「118番の日」に配布する啓発グッズに使われる。