人生相談■両親は80代、母が父にかける言葉がきつい

 2022/11/23 06:30
【質問】ともに80代の両親は、2人で元気に暮らしています。最近、母が年とともに父にかける言葉がきつくなってきたことが気になります。食事や車の乗り降りなどで「早くして」とせかし、父が毎日怒られているように見えてハラハラします。父が気遣って待っている面もあるのですが、私がそう伝えても母は相変わらずです。年齢からいって二人にはいたわり合う穏やかな日々を過ごしてほしいのです。私にできることはありますか。(50代女性)

【回答】あなたの相談を読んで、ついついウチの両親は大丈夫かしら、と心配になって実家に電話をかけちゃうほどでした。やはり自分の親にはいつまでも元気で仲良くいてほしいものですよね。

 ただ私もそうですが、一緒に住んでいないと普段の生活やら、そこから出る細かい不平不満など気付けない部分もあるでしょう。電話で近況を聞いたり、実家に帰ったときに一歩踏み込んで愚痴などを聞き出してあげたりするといいかもしれませんね。

 あなたのお父さまの方が気を使っているようなので、まずはお父さまに「よく堪えてくれてありがとう」と感謝を、そして「これからも大きな愛で母をお願いします」と伝えてあげるといいと思います。お母さまには、なぜそんなに強く言葉を投げるのか、の理由を聞いてみてはいかがでしょうか。「解決できなくても、私に話してくれるだけでスッキリするでしょう?」と声をかけてあげるだけで、少しはお母さまの気持ちが軽くなると思います。

 私は親になったこともないし、はっきりそうだとは言えませんが、きっと何歳になっても子どもには余計な心配をかけたくなくて何も言わないのだろうと思うのです。言うほどでもないと思っていることでも子どもには話してもいいんだってことや、いつまでも自慢の両親でいてくれるのが子どもにとって幸せだということを、二人がそろっているときに伝えてみて。

 私も帰省するときにはこの紙面を持参して「いつも気にしているから仲良くお願いします」と伝えます。あなたの優しさがお母さまに届きますように。