コーヒー温泉 いい湯だな♪ 毎月「風呂の日」に癒やしの香り バラや菊の日も…指宿・公衆浴場で月3回イベント湯

 2022/11/26 08:26
毎月26日に催される「コーヒー湯」=指宿市の「里の温泉 吉乃湯」
毎月26日に催される「コーヒー湯」=指宿市の「里の温泉 吉乃湯」
 11月26日は「いい風呂の日」。鹿児島県指宿市の公衆浴場「里の温泉 吉乃湯」では毎月26日にコーヒー豆を使った「コーヒー湯」の露天風呂で温泉愛好者らを楽しませている。ほかにバラ湯や菊湯の日もあり、常連客は「毎月のイベント湯が楽しみ」と話す。

 2006年に開業した吉乃湯は、男女日替わりの和風と洋風の浴場があり、それぞれ露天風呂がある。2年前のコーヒー湯を皮切りに月3回程度イベント湯を開く。

 経営する吉元美代子さん(64)によると、常連客に薦められ、自宅でコーヒー風呂を試したところ、香りに癒やされたため露天風呂で試した。常連客にも評判が良く、毎月のイベントとして定着した。

 その後、ユズやショウブ、ダイダイ、ゲットウなどさまざまな材料を提供する人が現れ、その都度、露天風呂で試した。評判を聞き、市外から訪れる入浴客もいるという。

 開業時から通う同市山川成川の内村恵美子さん(77)は「いろんな香りでリラックスできる。見た目も華やかなバラ湯が好み」。吉元さんは「常連さんがいろんな材料を提供し、楽しいイベントになった。自宅とはひと味違う温泉で心も体も癒やして」と話している。午後2時~9時半。吉乃湯=0993(22)3556。