【馬毛島基地問題】西之表市長リコールへ、市民団体が「公約破り」と署名活動本格化 「今更変わらない」と反対の市民も

 2022/12/03 09:21
署名を集める市民団体のメンバーら=2日、西之表市天神町
署名を集める市民団体のメンバーら=2日、西之表市天神町
 鹿児島県西之表市馬毛島への米軍機訓練移転と自衛隊基地整備計画を巡り、「計画不同意」の公約を破ったとして八板俊輔市長のリコール(解職請求)を求める市民団体は2日、前日夜から始めた署名活動を本格化させた。期間は来年1月1日までの1カ月以内。

 計画に反対する同市西之表の無職目迫ヱミ子さん(84)は署名集めを担う受任者を引き受け、知人らに協力を依頼した。計画に賛成する同市現和の無職西田治さん(66)も「市長は自分の意思を示さず、公約にも違反している」と署名した。

 一方、市内の無職女性(84)は署名しないと決めている。「今更リコールしても、国が進める計画は変わらない」と話した。

 計画容認派の同市安納の農業花木恵美子さん(55)は「米軍再編交付金を市民全体のために使ってほしい」。署名するかどうか悩んでいるという。

 12月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万2326人。3分の1に当たる4109人以上の有効署名が確定すれば、リコールの賛否を問う住民投票が行われる。有効投票の過半数が賛成した場合、市長は失職する。