柿色付き 鹿児島に秋の気配 23日は処暑

(2019/08/22 23:00)
秋の気配が漂う山あいで、色付き始めた柿の実=伊佐市大口小木原
 23日は二十四節気の「処暑」。暑さが和らぐ頃とされる。各地で真夏日となった鹿児島県内にも22日、個人農園の柿の実が色付き、秋の気配が漂い始めた。
(記事全文は23日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース