平松城跡に二つの空堀 全体像解明へ 曽於市

(2019/11/29 20:00)
平松城跡から見つかった空堀遺構=曽於市末吉
 曽於市指定史跡の平松城跡(同市末吉町南之郷)で、これまで解明されていなかった全体像を探る発掘調査が続いている。市教育委員会は30日までに、2カ所で新たに空堀を確認。「城の規模や役割を知る上で重要な発見」としており、1599(慶長4)年に島津氏と重臣・伊集院氏が争った庄内の乱との関わりにも注目している。
(記事全文は30日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース