H2Aロケット打ち上げ 種子島宇宙センター

(2017 03/17 10:23)
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午前10時20分、南種子町の種子島宇宙センターから、情報収集衛星「レーダー5号機」を搭載したH2Aロケット33号機を打ち上げた。目標の軌道で分離されれば、H2Aロケットの成功率は97%になる。