「捜査違法」窃盗罪男性に無罪判決 鹿地裁加治木支部

(2017 03/24 12:41)
 鹿児島県警の警察官の軽トラックから発泡酒1箱を盗んだとして、窃盗罪に問われた伊佐市大口下殿、無職岩﨑誠被告(51)の判決公判で、鹿児島地裁加治木支部は24日、「捜査は違法」として、無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 小畑和彦裁判官は判決理由で「車上狙いをさせる目的で、車内に酒を置いたことが強く推認される」などと指摘。「国家が犯罪を誘発した」と厳しく指弾した。
 公判では、警察官は無施錠の軽トラックの助手席に発泡酒を置いており、弁護側は「罪を犯すよう仕向けられた」として、「違法なおとり捜査」などと無罪を主張していた。