新燃岳噴火 噴煙4500メートル 警戒レベル3維持

(2018/05/14 23:45)
噴煙を上げる新燃岳=14日午後2時46分、霧島市牧園
 霧島連山の新燃岳が14日午後2時44分、噴火した。噴煙は高さ4500メートルに上り、都城市方面に流れた。鹿児島地方気象台によると、噴火は4月6日以来。火山活動は活発な状態が続いており、今後も同程度の噴火が続くとみられる。
 噴火は火口内の東側で発生。約1時間半後に停止した。大きな噴石の飛散や火砕流は確認されていない。鹿児島、宮崎両県によると、午後7時現在、被害報告はない。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)


 南日本新聞社は桜島降灰速報メールで、新燃岳上空の風向予報を提供している。午前7時ごろと午後3時ごろに配信。登録はこちらから。


フォトニュース