九州南部が梅雨明け 平年より3日早く

(2018/07/11 15:02)
 鹿児島地方気象台は11日午後3時、九州南部が梅雨明けしたとみられる、と発表した。平年より3日、昨年より2日早い。
 西日本豪雨発生後の9〜10日、九州北部や四国などが梅雨明けしたが、九州南部は湿った空気の影響で曇りや雨の地域があり、見送られていた。
 気象台によると、鹿児島県内は向こう1週間、高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。

フォトニュース