鹿児島県100歳以上 最多1557人 10年で倍増

(2018/09/12 13:00)
 鹿児島県の満100歳以上の高齢者(15日時点)は1557人と、昨年より64人増え、過去最多を更新することが分かった。10年前(813人)の約2倍になった。人口10万人当たりの人数は95.76人だった。11日、県が公表した。
 県高齢者生き生き推進課によると、内訳は女性1384人、男性173人。人口10万人当たりの人数を地域別でみると、大島地区が最多の152.93人、最少は鹿児島地区の73.68人となった。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース