鹿児島湾に「西郷どん」 新種の無脊椎動物発見

(2018/11/08 06:00)
鹿児島湾のほか、パラオでも見つかったヒッツキスナギンチャク(琉球大提供)
 琉球大学の研究チームが、鹿児島湾で無脊椎動物の新種を発見した。西郷隆盛にちなみ、sego(西郷=せご)を含む「ヒッツキスナギンチャク」(Aenigmanthus segoi)と命名。国際学術誌に10月掲載され、琉球大が11月7日までに発表した。
 鹿児島大学大学院で研究を始めた同チームのライマー・ジェイムズ准教授(45)によると、ヒドロスナギンチャク科の新種。灰白色で、大きさ0・7センチほどの個体が群体をつくり、50センチ四方を超えるものもある。

フォトニュース