新品種愛称は「ぴかいちご」 鹿児島県

(2019/01/18 06:30)
愛称が「ぴかいちご」に決まったイチゴの新品種「鹿児島6号」=鹿児島県庁
 鹿児島県が募集していたイチゴの新品種「鹿児島6号」の愛称が「ぴかいちご」に決まり、17日、県が発表した。従来品種より需要期のクリスマスまでに多く出荷でき、糖度が高いのが特徴。
 県によると、これまでの品種はクリスマスまでの収量が少なく、冬場に糖度が低下する課題があった。県農業開発総合センター(南さつま市)が2011年から開発を始めた。
(記事全文は18日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース