最終選考会で21選手を決定/伊佐チーム

(2019/02/10 10:00)
登録メンバーを目指し懸命に走る選手=伊佐市陸上競技場
 伊佐チームは9日、伊佐市陸上競技場で1泊2日の最終合宿に入った。社会人と高校生25人が参加。初日はトラック外周を使った8000メートルの最終選考会を行い登録21選手が決まった。
 最後の2枠を7人で争った選考会は、広原(陸上自衛隊国分)が堅実な走りでトップだった。最後の1人は、これまでの実績を踏まえ木村(大口・伊佐清掃社)に決まった。内定組は設定タイムで2班に分かれ、外周8000メートルを走り込んだ。
 宮里浩監督(伊佐湧水消防組合)は「主力はいい走りだったが、中堅が少し心配。大会に照準を合わせベストオーダーを組みたい」と話した。

フォトニュース