新体育館「中央駅西口に整備を」 鹿児島県屋内競技17団体、知事に要望

(2019/03/09 00:15)
三反園訓知事に要望書を渡す県バスケットボール協会の増留貴朗名誉会長(中央)=県庁
 鹿児島県の新総合体育館整備計画を巡り、県内の屋内スポーツ17競技団体は8日、県が「最適地」として進める鹿児島中央駅西口付近(鹿児島市武1丁目)に早期建設するよう三反園訓知事に要望した。
 西口での整備には、県議会や経済界に渋滞や駐車場不足を懸念する声がある。競技団体を代表して県庁を訪ねた県バスケットボール協会の増留貴朗名誉会長(80)は「さまざまな意見があることは承知しているが、既存の県体育館は老朽化し、一刻も早い整備が必要だ」と話した。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース