霧島連山の山開き 愛好家、火山を実感 高千穂河原

(2019/04/15 20:00)
仲間同士で登山を楽しむ愛好家たち=高千穂峰登山道
 霧島連山の夏山開きが14日、霧島市霧島田口の高千穂河原であった。本格シーズンを前に、観光関係者ら約40人が無事故や山の平穏を祈願。多くの登山ファンが高千穂峰山頂や中岳中腹を目指した。
 新燃岳の噴火警戒レベルは5日、2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に下がり、県は中岳の探勝路から中腹までの登山道約700メートルを8年ぶりに開放した。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース