曽於駅伝チーム「求む! 女子ランナー」 社会人選手減でピンチ

(2019/06/11 20:00)
練習会で走り込む県地区対抗女子駅伝曽於チームの選手ら=曽於市大隅
 鹿児島県地区対抗女子駅伝の曽於チームが、社会人選手の不足に苦しんでいる。大会出場は社会人2人以上の出走が条件だが、現時点で出場が見込める選手は1人だけ。地元実業団のナンチク陸上部が廃部になったことが大きな理由だ。チームは「極めて厳しい状況」(西亮介監督)だとして、一緒に走る仲間を募っている。
 全6区間でたすきをつなぐ女子駅伝は毎年1月に開催され、県下一周駅伝と同じ県内12地区がそれぞれ12人を選手登録する。曽於チームは総合優勝2回、Aクラス12回の古豪で、今年の第32回大会もBクラス優勝を果たした。
 事務局(志布志市教育委員会教育総務課内)=099(472)1111
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース