B級優勝達成を/肝属チーム

(2018/01/14 10:00)
宣誓する松田拓也(中央)と早川可奈子(左)=13日、鹿屋市の県大隅地域振興局
B級優勝へ団結
肝属チーム
 肝属チームは13日、鹿屋市の県大隅地域振興局で、県下一周駅伝と県地区対抗女子駅伝の結団式をした。選手やスタッフら約70人が参加し、躍進を誓った。
 男子の吉田幸三監督(鹿屋市役所)は「ここ数年の成績不振を払拭(ふっしょく)できる戦力がそろった。Bクラス優勝へ一致団結して取り組む」と抱負。大会新記録で昨年総合優勝した女子の関口実監督(同)は「昨年の記録が目標。躍動する走りをしたい」とあいさつした。松田拓也(南大隅町役場)=同中央=と早川可奈子(鹿屋体大)=同左=が「諦めずに走り抜く」と宣誓した。(福盛三南美)

フォトニュース