陸協と市町担当 大会運営を確認/姶良地区

(2018/01/14 10:00)
交通安全対策を確認する参加者=13日、霧島市の国分公民館
 鹿児島県下一周駅伝の姶良地区市町担当者・中継所主任等合同会議が13日、霧島市の国分公民館であった。姶良地区陸上競技協会や各市町の担当者ら計36人が参加。大会運営や交通安全対策、役割分担などを確認した。
 同地区は第3~5日目、計8中継所を担当する。各中継所に分かれ、審判員や記録員らが留意点などを打ち合わせた。同地区駅伝運営委員会の池田紀雄副委員長は「昨年は大きな事故なく無事に終えることができた。今回も安全面に十分留意して運営したい」と話した。

フォトニュース