「もう一つのW杯」 知的障がい者サッカー初出場 原良田さん決意

(2018/07/08 23:00)
「もうひとつのW杯」でゴールを誓う原良田龍彦さん(中央)=伊佐市役所
 知的障がい者サッカー世界選手権(8月・スウェーデン、もうひとつのW杯)に、伊佐市出身の原良田(はらだ)龍彦さん(18)が日本代表として出場する。初の国際大会へ向け「ゴールを決め、故郷に良い結果を報告したい」と練習に励んでいる。
 原良田さんは大口小学校4年の時にサッカーを始めた。「仲間と協力して点を取るチームプレーが魅力」と、部活動以外にも早朝や夜に自主練習を重ね、技術を磨いた。今春、鹿児島市の鹿児島高等特別支援学校を卒業。平川町の特別養護老人ホームで働きながら競技を続け、西眞一監督(45)=姶良市役所=率いる日本代表に6月選ばれた。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース