伊佐市制10周年記念ドラゴンボート大会 40チーム パドル競う

(2018/08/07 22:00)
ゴールを目指し懸命にパドルをこぐ選手=伊佐市の菱刈カヌー競技場
 伊佐市制10周年を記念するドラゴンボート大会が5日、菱刈カヌー競技場であった。県内外の40チーム500人が参加。強い日差しが照りつける中、鼓手がたたく太鼓に合わせながらパドルをこぎゴールを目指した。
 250メートルで22レース実施。春の大会は、霧島連山えびの高原・硫黄山の噴火に伴う川内川の水質悪化で中止になった。地元の湯之尾小6年、児島晴子さんは「練習の成果を出せ、春の分も楽しめた」と笑顔だった。河川敷からは多くの家族連れらが声援を送った。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース