鹿児島国体・障スポ 躍進誓う 記念行事に2500人 鹿児島市

(2018/10/28 23:00)
車いすバスケットボールのフリースロー体験をする迫田さおりさん(中央)ら=鹿児島市浜町のかんまちあ
 2020年の鹿児島国体と全国障害者スポーツ大会のカウントダウンイベント「燃ゆる感動かごしまスポーツフェスタ2018」が28日、鹿児島市浜町のかんまちあであった。約2500人(主催者発表)の参加者は、2年後に迫る本大会での躍進を期し意欲を新たにした。
 会場に設けられたステージでは、10月に開催された福井国体の入賞者や、鹿児島国体の有望選手、ジュニアアスリートを紹介。ライフル射撃や自転車など13競技の体験ブースは、親子連れで終日にぎわった。女子バレーボールの元日本代表選手迫田さおりさん=同市出身=もゲストで登場した。
(記事全文は29日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース