戦力底上げへ12人走り込み/指宿チーム

(2019/11/24 10:00)
強化練習で走り込む指宿チームの選手たち=指宿市営陸上競技場
 指宿チームは23日、指宿市営陸上競技場で練習会を開いた。社会人と高校生計12人が3000メートル走3本に挑んだ。
 4組に分かれ、それぞれ設定タイムに合わせて走り込んだ。ベテラン吉原(指宿市役所)が設定通りの安定した走りを見せ、つなぎ区間での出場を目指す社会人、高校生も粘りを見せた。コーチを兼任する吉原は南日本10キロロード通信競技大会に向け「若手がどれぐらいの走りを見せるか楽しみ」と期待。垣内英人監督(濵崎商店)は「今の時期としてはまずまずの動き。戦力の底上げを期待したい」と話した。

フォトニュース