出水のツル、今季最後の羽数調査 1万5360羽確定

(2018/01/07 13:00)
ねぐらの周辺を舞うツルの群れ=6日朝、出水市荘
 出水平野で越冬するツルの羽数調査が6日早朝、荒崎休遊地(出水市荘)と東干拓休遊地(同市高尾野)であり、1万3590羽を確認した。5回目の今回が今季最後の調査で、飛来数は昨年11月25日の第3回で数えた1万5360羽で確定した。
 6日の内訳はナベヅル1万1039羽、マナヅル2527羽、ナベクロヅル9羽、クロヅル8羽、カナダヅル7羽。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース