島津義弘没後400年、人間味あふれる人柄紹介 鹿児島市でシンポ

(2019/07/21 23:00)
「センゴク」シリーズの漫画家宮下英樹さんらが登壇した戦国島津氏に関するトークイベント=鹿児島市のかごしま県民交流センター
 勇猛果敢な戦国武将として知られる島津義弘の没後400年の命日にあたる21日、シンポジウム「戦国島津最前線」が鹿児島市のかごしま県民交流センターであった。登壇した歴史家らは「義弘は武芸一辺倒でなく、地位にふさわしい教養を身につけていた」と語り、人間味あふれる人柄を紹介。歴史ファンら約400人が聞き入った。
 また、「センゴク」シリーズの漫画家宮下英樹さんや作家川越宗一さんらを交えてトークイベントもあった。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース