時計 2020/10/22 20:00

街の住み心地 姶良市が鹿児島県内トップ

住宅や学校が建ち並び、九州自動車道が横切る市街地=姶良市西餅田
住宅や学校が建ち並び、九州自動車道が横切る市街地=姶良市西餅田
 大東建託(東京)が21日公表した鹿児島県版「街の住みここちランキング2020」で、姶良市が県内自治体の総合1位となった。交通アクセスや買い物など生活の利便性や治安の良さが評価された。2位は鹿児島市、3位は日置市だった。

 姶良市は項目別で、飲食店やスーパー、医療機関などの充実度を表す「生活利便性」、家賃などの安さを示す「物価」で2位。閑静さや町並みのきれいさなど「静かさ・治安」は4位だった。居住者からは「空港や市街地など、どこに行くにもアクセスが良い」(22歳・女性)、「ほどよく田舎で住みやすい」(39歳・男性)などの声が聞かれた。

 鹿児島市は「生活利便性」「交通利便性」などで1位を獲得し、日置市は「静かさ・治安」1位、「物価」3位だった。

 調査は3月17日~4月3日に実施。県内に住む20歳以上の男女3023人が回答した。

 「住みたい街」の総合1位は鹿児島市、2位は姶良市、3位は霧島市だった。