奄美大島で製糖開始 昨年より糖度良好 笠利・富国製糖

(2019/01/11 06:30)
サトウキビを搬入する生産者=奄美市笠利の富国製糖
 奄美大島の製糖工場・富国製糖(奄美市笠利)は9日、2018~19年期の製糖作業を始めた。台風被害による不作で、生産量は前期比4600トン減の約2万4000トンを見込む。一方、糖度は昨年より上がっており、同社は「減産の影響をカバーできるのではないか」と期待している。
 奄美群島の他の大型製糖工場は昨年末までに稼働。同社の操業開始で本格的な製糖シーズンに突入した。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース