ごう音でお出迎え 火縄銃の試射演武を披露 西之表港

(2019/08/13 23:00)
段撃ちを披露する八板俊輔西之表市長(右)=同市の西之表港
 西之表市の種子島火縄銃保存会(福井清信会長、22人)は12日、同市の西之表港で、帰省客や観光客を出迎える火縄銃の試射演武を披露した。昨年6月入会した八板俊輔市長がデビューを果たした。
 「インパクトある出迎えを」と1996年に始まった恒例行事。午後5時35分、6時35分着の高速船乗客を前に、会員3人がごう音をとどろかせた。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース