鹿児島県内旅客船、来月から各社値上げ

(2019/09/07 11:00)
 鹿児島県内で旅客船を運航する各社は消費増税に伴い、10月1日から運賃値上げの方針を示している。燃料高騰や利用者減少など厳しい環境を理由に、増税率を上回って引き上げるケースもある。
 鴨池・垂水フェリーは大人片道運賃を20円上げて500円にする。車両(4メートル以上5メートル未満)は100円上げて2250円。種子屋久高速船(鹿児島市)のトッピー・ロケットは、鹿児島-種子島が100円増の7800円(うち燃料油価格変動調整金500円)、鹿児島-屋久島は200円増の9200円(同600円)。いずれも増税に加え、燃料費をはじめ運航コスト上昇を理由に挙げる。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース