都城定住圏の土産品紹介フリー紙、発行中 4市町の協力隊員ら連携

(2019/11/07 06:30)
「ご近所おみや」10月号を手にする4市町の地域おこし協力隊員ら=曽於市の末吉中央公民館
 都城定住自立圏(曽於市、志布志市、都城市、宮崎県三股町)の土産品を紹介するフリー情報紙「ご近所おみや」が8月から月1回発行されている。企画したのは、4市町で活躍する地域おこし協力隊員やOB・OGの有志13人。サイズはA4サイズ1枚と小ぶりだが、紙面には隊員らが自信を持って薦める逸品がつまっている。
 今年2月に定住自立圏の協力隊員が集まる会合があり、懇親会で「自治体の枠を超えた取り組みをやろう」と意気投合。年度明けから構想を具体化し、地域の隠れた名品を掘り起こして発信することにした。
(記事全文は7日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース