三菱UFJ信託銀 鹿児島、宮崎支店を福岡支店に統合へ

(2018/01/13 13:00)
3月30日で閉鎖する三菱UFJ信託銀行鹿児島支店=12日、鹿児島市千日町
 三菱UFJ信託銀行は12日、鹿児島支店(鹿児島市)を3月30日で閉め、福岡支店(福岡市)に統合すると発表した。顧客とはインターネットバンキングや郵送で取引する。同行経営企画部広報室は「経営資源を最適化する観点から見直した」と説明している。
 鹿児島支店は1975(昭和50)年、東洋信託銀行の支店として開設した。定期預金や投資信託といった個人向けの金融サービスが中心で、総預かり資産は520億円だった。顧客が定期預金を満期前に解約して他の金融機関に送金する場合など、一部手数料を減免する措置を取る。
 三菱UFJ信託銀行は宮崎支店(宮崎市)も3月23日で閉鎖し、福岡支店に統合すると発表した。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース