かつお節本節、キロ平均2957円 枕崎で産地入札即売会

(2018/09/14 13:00)
威勢のいい掛け声が響く中、入札する業者ら=枕崎市の枕崎水産加工業協同組合
 かつお節生産量日本一の枕崎市で13日、全国の指定業者51社が参加し、産地入札即売会があった。本節(仕上げ節)のキロ平均単価は高品質が評価され、前年比174円高の2957円だった。一方、荒節は下降傾向にある原料価格を反映する入札価格となった。
 枕崎水産加工業協同組合主催。市内の21業者が前年比約4トン増の157トン(さば節類を含む)を出品した。売上総額は2億682万円。最高値は尾辻求鰹(かつお)節商店(尾辻求代表)が出品した「さつま鰹本節」の4500円だった。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース