海外観光客増、住民との交流楽しむ 大崎・くにの松原キャンプ場

(2018/09/14 20:30)
パーティーで地元の人たちとの交流を楽しむヨシュア・バウマンさん(左奥)一家=大崎町のくにの松原キャンプ場
 大崎町のくにの松原キャンプ場で、今年に入って家族連れの外国人観光客の姿が目立ち始めた。香港やマカオの個人客が訪れたほか、13日までの11日間はスイスからの家族4人が滞在。自然を満喫し、地元の人との交流も楽しんだ。
 管理人の堀之内裕行さん(55)は「これまでいなかった客層」と驚く。訪日外国人観光客(インバウンド)が増え、有名観光地巡りなど従来のスタイルに飽き足りない人が来ているとみられる。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース