本枯れかつお節キロ平均2492円、最高は5050円 指宿で入札会

(2018/09/15 06:30)
威勢のいい掛け声がかかる中、次々と競り落とされるかつお節=指宿市の山川海洋センター
 かつおの本枯れ(仕上げ)本節が生産量日本一を誇る指宿市山川で14日、産地入札即売会があった。本枯れ節の平均キロ単価は2492円(前年比20円高)と高値が付いた。
 11社が昨年より5トン余り多い約50トンを出品し、全国の仲買業者ら48社が入札した。威勢のいい掛け声が飛び交う中、担当者は真剣な表情で品定めをし、次々と競り落とした。この日の総売り上げは約1億円。最高値は山吉國澤百馬商店(指宿市山川)の近海物鰹本節で5050円だった。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース