コアラの赤ちゃんお目見え 平川動物公園 5月誕生、袋から姿

(2018/12/10 22:30)
母親のリオに抱きかかえられるコアラの赤ちゃん=鹿児島市の平川動物公園(同園提供)
 鹿児島市の平川動物公園で5月に生まれたコアラの赤ちゃんが8日、平川生まれの母親リオ(3歳)のおなかの袋から初めて出てきた。体長約20センチで性別不明。公募で名前を決める予定。
 まだ袋の中にいる時間が長いが、運がよければ、胸付近にしがみつきながら周りをうかがう姿を見ることができる。1カ月ほどたつと、大半の時間を外で過ごすようになるという。父親は3月末にオーストラリアから来たバンブラ(5歳)。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース