島津義弘顕彰碑 伊集院山中で50年ぶり発見 没後300年、大正期に建立

(2019/02/24 22:00)
徳重神社神苑碑を見つけた佐々木憲一郎さん(左端)ら伊集院歴史を語る会のメンバー=日置市伊集院町徳重
 日置市伊集院の徳重神社裏手の山中で、祭神・島津義弘の没後300年を顕彰して大正時代に建てられた石碑「徳重神社神苑(しんえん)碑」が見つかり、約50年ぶりに日の目を見ることになった。「伊集院歴史を語る会」(語る会)の佐々木憲一郎さん(71)=同市伊集院町妙円寺1丁目=が捜し当てた。
 神苑碑は、徳重工業団地内の昭光エレクトロニクス敷地隣に立つ。敷地を通らなければ行けないが、25日から見学できるようになる。義弘没後400年の節目に、語る会のメンバーらは「運命的なものを感じる」と喜んでいる。
 見学可能時間は午前9時~午後5時。団体客は人事・総務課=099(273)1111=に3日前までに連絡する。
(記事全文は25日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース