児童に開放、梅園にぎわう さつま・平木場さん

(2019/06/10 22:00)
枝を押さえ、梅をもぐ子を手伝う平木場岩男さん(右)=さつま町求名
 さつま町の求名小学校(49人)児童らが4、5日、近くの梅園で梅ちぎりをした。園主の平木場岩男さん(82)が、10年ほど前から学校向けに開放。子どもたちはレジ袋いっぱいに南高梅の青梅を集めた。
 5日は3、4年生20人が来園。枝の下をくぐりながら赤みのさした実を探し、腕を伸ばしてもぎとった。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース