校庭のマンゴー18年目の大豊作 西之表市伊関小

(2019/09/10 06:30)
マンゴーの木を背景に豊作を祝う伊関小学校児童と校区関係者=西之表市
 西之表市伊関小学校の校庭にある1本のマンゴーの木が、植えられて18年目で約40個もの実を付けた。6日、全校児童と植栽・管理に関わった校区民らが集まって収穫祭を開き、初の大豊作を祝った。
 マンゴーの木は、2000年度の卒業記念樹として、当時の坂口彰校長の要望を受けたPTA役員の鎌倉純雄さん(58)と持田光広さん(56)が、バナナの木とともに植え、寒さ対策のビニールハウスも設置した。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース