鹿児島県内最高齢112歳田中さんを三反園知事訪問 南さつま・加世田小湊

(2019/09/16 22:30)
家族らに囲まれて笑顔の田中キクヱさん(中央)=南さつま市加世田小湊
 敬老の日の16日、鹿児島県の三反園訓知事が南さつま市加世田小湊の特別養護老人ホーム養徳園を訪れ、県内最高齢112歳の田中キクヱさんに祝い状と記念品を手渡した。1年ぶりの訪問で「今年もお目にかかれてよかった。ますます長生きしてくださいね」と声をかけると、田中さんは「ありがとう」とお礼を述べた。
 孫の田中龍一さん(67)によると、キクヱさんは同市加世田益山出身。20代で夫を病気で亡くした後、女手一つで娘2人を育てた。11年前、養徳園に入所。車いすで生活し、テレビを見たり、昼寝をしたりして過ごす。食事は箸を使い、ほぼ完食する。孫6人、ひ孫12人、やしゃご8人。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース